ずっとずっと使ってます

すごくくだらないというか、どうでもいいと言ってしまえばどうでもいい話なんですが。
私が今使っている文房具。筆箱やらシャーペンやら下敷きやらは学生時代からずっと使っているものです。
だから年に似合わず可愛らしいキャラクターものの筆箱ですし、下敷きの裏には当時のプリクラが貼ってあります。
幼かった頃や学生時代には文房具一つにものすごくこだわっていたというのに。
今では古びた年相応ではない文房具たちを使い続けています。
文房具にそこまでのビジュアルを求めなくなったというか、興味がなくなったというか。機能性は見たりしますがね。
使えるのに捨てるのはもったいないと思っちゃったりするんですよね。あの頃の子ども心はいったい何処へ行ったんですかね。