喜べない年になりました

朝起きて、えらく寒くて仕方がない。どうやっても布団から出ようという気にならないと困っていました。
やっとのことで布団から出て部屋の暖房を入れて、一段落。そのあと窓から外を覗いてみると驚きました。
雪雪雪の大吹雪ではありませんか。庭一面真っ白で行き交う車も車の上に雪を積んで走っています。
そんな状態でまだ降り続けている雪たち。どうりで寒くて布団から出られないと思ったんですよ。
そんな真っ白の外を見て心が躍るわけもなく、げんなりですよね。
雪が降れば色々と都合の悪いこともありますし、何より寒いじゃないですか。
いつの間にやら雪が降って心が躍っていた感覚は消えてしまったようでした。
まぁ仕方ないですよね。これが大人になるってことですかね。